登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「サー・アレックス・ファーガソン監督は、どんなにタイトルを獲得しても決して満足しない指揮官だ。今夏も適切な人材を確保できれば、成功を収められるだろう」
─ デイヴィッド・ギル
22/01/2009  Report by A Bostock and M Cleary

ギルがクラブのスカウトを称賛

チーフエグゼクティブのデイヴィッド・ギルは、ユナイテッドがプレミアリーグの2連覇を達成できたのは、優秀なスカウト陣のおかげだと述べた。

ユナイテッドは昨夏、オーウェン・ハーグリーヴス、アンデルソン、ナーニ、カルロス・テベスを獲得したが、4人合わせてリーグ戦で100試合以上の出場を果たした。アンデルソンとナーニは今シーズン初めてイングランドのサッカーに触れ、ハーグリーヴスもプレミアリーグでのプレー経験がなかった。そんな中でも彼らが1年目から活躍できたのは、スカウトに選手を見る目があったからだと言えるだろう。

「私たちはここ数年、新戦力の発掘に力を注いできた」とギルはMUTVにコメント。

「ユナイテッドは昨シーズン(2006-07シーズン)にリーグ優勝を果たしていたので、どうやって戦力強化を図るか、スカウト陣の腕が試された。チームは現状を維持するのではなく、常に発展する必要があるという考えを持ち、新しい選手の獲得に努めたんだ」

「サー・アレックス・ファーガソン監督は、どんなにタイトルを獲得しても決して満足しない指揮官である。今夏も適切な人材を確保できれば、成功を収められるだろう。スカウト陣は(責任者の)ジム・ロウリーを中心によくやってくれている」