登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report by Ben Hibbs

エヴラ「優勝を信じていた」

パトリス・エヴラは、チャンピオンズリーグで優勝したことについて、モナコの一員として出場した2004年の決勝ではポルトに敗れていただけに、今回はビッグイヤーを手にすることができて嬉しいと述べた。

チェルシーと対戦した21日の決勝は1-1のままPK戦にもつれ込み、ユナイテッドはクリスチアーノ・ロナウドがPKをセーブされてしまったものの、最後はエドウィン・ファン・デル・サールがニコラ・アネルカのシュートを阻止し、9年ぶりに欧州王座に輝いた。

「チャンピオンになることができて本当に嬉しい」とエヴラはMUTVに語った。

「ずっと優勝できるって信じていたけど、ロニー(ロナウド)がPKを失敗したときは、少し不安になったよ」

「決勝で2回も負けるはずがないって自分に言い聞かせていたんだ。もし優勝を逃していたら、監督に来シーズンはもう僕をチャンピオンズリーグで使わないで下さいって言ったと思うよ」

「トロフィーを掲げた瞬間は最高だった。ドレッシングルームの雰囲気も素晴らしかったしね。ユナイテッドで長期

ページ 1 / 3 次へ » 


至福

「トロフィーを掲げた瞬間は最高だった。ドレッシングルームの雰囲気も素晴らしかったしね。ユナイテッドで長期間に渡って指揮を執ってきたサー・アレックス・ファーガソン監督への大きなプレゼントさ。僕たちは優勝にふさわしいチームだと思う。才能を持った選手が揃っているし、メンタル的にもタフなんだ」
─ パトリス・エヴラ