登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「リーグタイトルを獲得したため、選手は自信を持って決勝戦に臨めるだろう。素晴らしいパフォーマンスを披露してくれることを期待している」
─ サー・アレックス・ファーガソン監督
22/01/2009  Report by Gemma Thompson & Adam Bostock

監督「自信を持って決勝に臨む」

ユナイテッドは21日にモスクワでチェルシーとチャンピオンズリーグ決勝を戦うが、サー・アレックス・ファーガソン監督はリーグを制覇したことで、選手は自信を持って戦えるだろうと主張した。

「リーグタイトルを獲得したため、選手は自信を持って決勝戦に臨めるはずだ」とファーガソン監督はMUTVに語った。

「だが、楽な戦いにはならない。経験上、カップ戦の決勝で勝つのは難しいものだ。タフな試合を予想するが、その一方で、マンチェスター・ユナイテッドの選手たちが素晴らしいパフォーマンスを披露してくれることを期待している」

「日曜日に優勝を祝福したあと、月曜日は休養し、火曜日からチャンピオンズリーグへ向けた練習を開始した」

モスクワの地には25人の選手を送り込むが、登録できるのは18人までで、ファーガソン監督はメンバー選びは慎重に行いたいと述べた。

「メンバーを決めるのは一番難しい作業だ。ウィガン戦は26人の選手がいた。ベン・フォスターは(今シーズンのチャンピオンズリーグのメンバー登録を行っていないため)出場できないが、それでも25人の中から、7人は落とさなくてはならない。心が痛むよ」

「1999年の決勝のときは、今回ほど悩む必要はなかった。ポール・スコールズとロイ・キーンは出場停止だったし、ヘニング・ベルグはけがをしていたからね」

「ロッテルダム(で行われた1991年のカップウィナーズカップ決勝)では、ニール・ウェッブと息子のダレンを外したが、簡単な決断ではなかった。選手を選ぶのは、決して楽しい作業ではないが、監督の仕事だから仕方ないんだよ」