登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「プレミアリーグはヨーロッパ最強のリーグだと思う」
─ サー・アレックス・ファーガソン監督
12/03/2008  Report by James Tuck

監督、イングランド勢を称賛

サー・アレックス・ファーガソン監督は、今シーズンのチャンピオンズリーグの準々決勝にイングランドのクラブが4チーム残ったことについて、プレミアリーグのレベルの高さを証明するものだと述べた。

14日に組み合わせ抽選が行われるベスト8には、ユナイテッド、アーセナル、チェルシー、リヴァプールというイングランド勢の他に、スペイン(バルセローナ)、ドイツ(シャルケ)、イタリア(ローマ)、トルコ(フェネルバフチェ)から各1チームずつが勝ち上がった。

「プレミアリーグはヨーロッパ最強のリーグだと思う」とファーガソン監督はMUTVに語った。

「一時期はスペイン勢が強く、7、8年前には、準決勝に3チームが勝ち上がったはずだ。だが今は、イングランド勢が好調である」

ユナイテッドはこれまで、チャンピオンズリーグでイングランドのチームと対戦した経験がないが、ファーガソン監督はどこが相手になるか、組み合わせ抽選を楽しみにしていると続けた。

「システムが変更になり、同国のチーム同士の対戦も可能になってからは、イングランド勢と当たることもあると心の準備をしてきたものだ。相手がどこになろうと気にしないよ。今度は準決勝で対戦するチームが分かったうえでプレーできる。だがまずは目の前の試合に集中したい」