登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

08/03/2008  Report by Adam Bostock
ページ 1 / 2 次へ » 

ロナウド「選手を守って欲しい」

クリスチアーノ・ロナウドは、8日のFAカップ準々決勝のポーツマス戦で、明らかにPKと思われるファウルを受けながら、審判に認めてもらえなかった。ロナウドは試合後、レフェリーは選手をもっと保護するべきだという長年の主張を改めて強調した。

「今日の審判の判定にはとても不満が残る。なぜかPKも、イエローカードも与えようとしなかった。とてもがっかりしている」

「審判はテクニックを持っている選手を保護してくれないことが多い。アーセナルの選手(エドゥアルド・ダ・シウヴァ)のことを思い出すよ。このような状況が続くなら、テクニックを使うことが怖くなる。ひどいファールをしてくる選手がいるのに、審判はスキルを持ったプレーヤーじゃなく、DFを擁護するなんて、ひどい話だ」

「今日だって彼(シルヴァン・ディスタン)は、ボールを奪う気なんて全くなかったんだ。ただ体当たりをしてきただけ。こんな状況ではまともなサッカーはできないね」

ロナウドはまた、試合に負けてしまったことも残念に思っていると続けた。

「みんながっかりしていた。僕たちが10回はゴールチャンスを作ったのに対して、ポーツマスは1回だけだった。それなのに負けてしまったんだから、本当に悔しい」

ページ 1 / 2 次へ »