登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

05/03/2008  Report by Ben Hibbs

存在感を示したフレッチャー

サー・アレックス・ファーガソン監督が、4日のリヨン戦でポール・スコールズに代わって先発出場し、好プレーを披露したダレン・フレッチャーを称賛した。

「フルアム戦ではスコールズが味わいのあるプレーをしていたので、メンバー選びには頭を悩まされた」とファーガソン監督。

「水曜日(5日)の試合だったらスコールズを起用していただろう。ただしその場合でも、中3日だし、彼の年齢、長く戦列を離れていたことを考えると、迷ったかもしれない」

「ダレンは効果的なプレーを見せ、素晴らしい仕事をしてくれた。彼は相手にとっては戦いにくいタイプの選手だと思う。私自身もマッチアップしたくないね(笑)。ストライドが広いからすぐに相手に近寄ることができ、ファウルを犯さずにボールを奪えるんだ。チームにとっては貴重な存在だった。ジュニーニョのFKを警戒する必要があったからね」

フレッチャーは先月のFAカップのアーセナル戦で2ゴールを奪う活躍を見せたが、それまでは、けがもあり、先発出場は6試合しかなかった。それでもフレッチャーは集中力を切らすことなく、地道な努力を続けてきた。

「ダレンはアーセナル戦から調子を上げてきた。素晴らしい忍耐力を持っている。彼こそユナイテッドというクラブが高く評価する本物のプロ選手だ。だから私たちはいい条件の契約を提示するし、選手もその期待に応えようと頑張ってくれる。ダレンはお手本となるプレーヤーだね」