登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

18/09/2012  Report by Steve Bartram
ページ 1 / 2 次へ » 

余裕の勝利に満足する監督

サー・アレックス・ファーガソン監督は、19日のボルトン戦に勝利し、2位アーセナルとの勝ち点差を3に広げたことに満足しているとコメントした。

同日には3位のチェルシーがトッテナムと対戦したが、4-4の引き分けに終わったため、ユナイテッドとの勝ち点差は5に広がった。

「2位のアーセナルとの勝ち点差を3に広げたのは大きい」とファーガソン監督は試合後、MUTVに語った。

「大差というわけではないが、リードを広げたことは重要である。残り8試合だが、安定した成績を残したチームがタイトルをつかむだろう。私たちが今のような調子を維持していけば、優勝のチャンスは大いにあるはずだ」

「チェルシーがカギを握っているように思う。私たちとアーセナルとのホームゲームを残しているし、彼らはホームで強いからだ。最後まで接戦が続くような気がするね」

15日のダービー戦から大幅にメンバーを入れ替えたユナイテッドだったが、クリスチアーノ・ロナウドの序盤の2点により、快勝した。ファーガソン監督も選手のパフォーマンスに満足していると続けた。

「ユナイテッドの選手は全員トッププレーヤーだ。彼らの能力には自信を持っているし、1試合1試合がどれだけ重要かをよく理解している。緩急をつけたプレーができたし、パスも正確で、相手の守備を崩していたから、あと何点か奪って

ページ 1 / 2 次へ »