登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

28/03/2008  Report by Gemma Thompson

監督がシェリンガムを慰労

サー・アレックス・ファーガソン監督が、今シーズン限りでの引退を発表した元ユナイテッドのテディー・シェリンガムに対して、慰労の言葉をかけた。

現在、チャンピオンシップ(2部リーグに相当)のコルチェスター・ユナイテッドでプレーする41歳のシェリンガムは、ユナイテッドに4シーズン在籍し、プレミアリーグで3度優勝した他、FAカップ、チャンピオンズリーグ、インターコンティネンタルカップ(トヨタカップ)、チャリティーシールドでも、それぞれ1度ずつ優勝を果たした。

シェリンガムは1999年のFAカップ決勝で途中出場して先制ゴールをマークすると、その4日後に行われたチャンピオンズリーグ決勝では、ロスタイムに同点ゴールを決め、その直後のオーレ・グンナー・スールシャールの決勝点をアシストし、トレブル(三冠)達成に大きく貢献した。

ファーガソン監督はシェリンガムの功績を称賛し、今後は指導者としても成功を収めるだろうとコメントした。

「彼はユナイテッドでも大活躍したし、素晴らしいキャリアを送ったと思う。頭のいいプレーヤーで、1999年の彼のゴールはチームにとってとても重要なものになった」

ページ 1 / 2 次へ » 


慰労

「彼はユナイテッドでも大活躍したし、素晴らしいキャリアを送ったと思う。頭のいいプレーヤーで、1999年の彼のゴールはチームにとってとても重要なものになった」
─ サー・アレックス・ファーガソン監督