登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「チーム、そして選手を信頼することが大事だ。今日はメンバーを入れ替えて戦ったが、選手たちは勝利に対する強い気持ちを見せてくれたし、いいプレーをしたと思う」
─ サー・アレックス・ファーガソン監督
02/03/2008  Report by Gemma Thompson
ページ 1 / 2 次へ » 

監督が選手のプロ精神を称賛

サー・アレックス・ファーガソン監督は、3-0で勝利したフルアム戦について、選手が見事なプロフェッショナリズムを披露してくれたと話した。

ユナイテッドはオーウェン・ハーグリーヴスがFKで先制点を奪ったあと、パク・チソンがヘディングで2点目を決め、最後はサイモン・デイヴィスのオウンゴールで3点目を挙げた。

「今日は風が強かったが、こういうときこそ集中して戦う必要があった。我々はプロらしい仕事ができたと思う」とファーガソン監督はMUTVに語った。

「パクのゴールで勝負は決まったようなものだった。およそ1年ぶりの得点で、私も嬉しく思っている。オーウェン(・ハーグリーヴス)も調子を上げてきた。彼はFKの練習をよくしていたが、今日はその成果が出てよかった」

ファーガソン監督は、5-1で大勝したニューカッスル戦から、メンバーを5人入れ替えてきたが、代わりに出場した選手たちが結果を残してくれて満足していると続けた。

「チーム、そして選手を信頼することが大事だ。今日はメンバーを入れ替えて戦ったが、選手たちは勝利に対する強い気持ちを見せてくれたし、いいプレーをしたと思う」

「(4日の)リヨン戦へ向けて、ルーニーとロナウドに休養を与えることができたのは大きかった」

また、ユナイテッドが勝利し、アーセナルがアストン・ヴィラと1-1で引き分けたことで、両チームの勝ち点差は1に縮まったが、ファーガソン監督は「タイトルレースは一進一退の展開になってきた」と述べた。

ページ 1 / 2 次へ »