登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「直接話したわけではないが、そんな雰囲気を感じるんだ。彼は偉大なクラブに所属しており、素晴らしいチームメイトに囲まれ、ファンから愛されている。残留を決断してくれることを願っているよ」
─ リオ・ファーディナンド
22/01/2009  Report by Gemma Thompson

リオ、ロナウド残留に自信

リオ・ファーディナンドが、クリスチアーノ・ロナウドは今後もユナイテッドでプレーするだろうと主張した。

ロナウドはレアル・マドリーへの移籍を希望していると言われているが、7日にユナイテッドの主将のガリー・ネヴィルが残留を勧めたことに続き、ファーディナンドもマンチェスターに残るべきだと述べた。

「マンチェスター・ユナイテッドの選手およびファンとして、彼は残留すると思っている」とファーディナンドはBBCのラジオ5にコメントした。

「直接話したわけではないが、そんな雰囲気を感じるんだ。彼は偉大なクラブに所属しており、素晴らしいチームメイトに囲まれ、ファンから愛されている。残留を決断してくれることを願っているよ」

「最近は、僕自身、ウェズ・ブラウン、マイケル・カリックなど、選手が次々と新契約を交わしている。パトリス・エヴラも更新したはずだし、ウェイン・ルーニーも残り、エドウィン・ファン・デル・サールも契約を延長した。みんなユナイテッドに残っているんだ」

「今のチームはこれから何年にも渡って成功を手にしていくはずだから、誰も抜けることなく、1つにまとまることができたらいいと思っている」

なおロナウド本人は、2-0でポルトガルが勝利した7日のユーロ2008のトルコ戦後、将来については大会終了後に話すと改めて語った。