登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report by Ben Hibbs

3クラブがラムジーの獲得を希望

カーディフ・シティーの17歳のFWアーロン・ラムジーについて、ユナイテッドを含め3クラブが獲得交渉権を持っていることが明らかになった。

ラムジーをめぐっては、3日にユナイテッドが移籍金の面でカーディフと合意に達したものの、プレミアリーグの別のクラブ(名前は非公表だが、アーセナルと伝えられている)の他、エヴァートンも500万ポンド(約10億円)で交渉権を獲得したことが判明した。

しかしU -21ウェールズ代表のブライアン・フリン監督は、ラムジーはユナイテッドへ移籍するべきだと主張した。

「マンチェスター・ユナイテッドがアーロンに興味を持ったのは不思議ではない。サー・アレックス(・ファーガソン監督)は若手選手の育成に定評があるし、ユナイテッド以上にいいクラブはないだろう」とフリン監督。

「私は、アーロンがプレミアリーグのクラブでプレーするのは、能力ではなく、時間の問題だろうと思っていた」

「彼は昨シーズン、U-19代表チームを通り越して、U-21代表デビューを飾ったんだ。強いメンタリティーを持っているし、サッカーに取り組む姿勢も素晴らしい。能力、勤労意欲などからすれば、今後15年に渡り、プレミアリーグと代表チームで活躍するだろう」

「サー・アレックスが気に入ったのも無理はない。彼は特別なタレントを持っているんだ」