登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report by Steve Bartram

オーレがアフリカに学校を建設

今年8月2日にオーレ・グンナー・スールシャールの引退試合がオールド・トラッフォードで開催されるが、その収益金を使って、アンゴラ、ウガンダ、モザンビークに学校が建設されることになった。

「ある意味、ピッチの上でできることよりも、やりがいを感じている」と、国際連合児童基金(ユニセフ)の親善大使を長い間務め、アフリカの貧しい国々を何度も訪問しているスールシャールはコメントした。

「サッカー選手に求められているのは、試合に勝ち、ゴールを奪うことだ。大きな偉業を成し遂げることはできるが、私はいつも、サッカーは生きる上で必ずしも必要とはしないものの中で、一番大切なものだと言い続けてきた」

「学校や教育は重要である。私が今回、子供たちのために何かしようと思ったのも、自分自身がきちんとした教育を受けさせてもらってきたからだ」

「サッカー選手は、人々に大きな影響を与えられる職業だ。ファンにいい思い出を残したり、楽しい時間を与えたりできるからね」

ページ 1 / 2 次へ » 


引退試合

オーレ・グンナー・スールシャールの引退試合が、2008年8月2日にオールド・トラッフォードで行われる。対戦相手にはエスパニョールが招待される予定。