登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report by Gemma Thompson

エドウィンが代表から引退

エドウィン・ファン・デル・サールは、1-3で敗れた21日のユーロ2008準々決勝のロシア戦を最後にオランダ代表から引退したが、128という同国の最多キャップを記録したキャリアを誇りに思うと語った。

「PK戦まで持ち込めば勝てると思っていたが、延長戦でゴールを奪われ、負けてしまった。ロシア戦では、今大会の最初の2試合(イタリア戦とフランス戦)で見せたようなパフォーマンスを披露できなくて残念だったが、僕たちはよく戦ったと思う」

「こっちはなかなかチャンスが作れなかったが、ロシアはいいプレーをして、何度もゴールを脅かしてきた。決勝トーナメントでは、1試合でも調子の悪いプレーをすると、敗退が決まってしまう」

「代表での戦いを振り返ってみると、僕自身は準々決勝や準決勝まで進んだ経験があるが、やはりどこか物足らない。だが、2年ごとに行われる国際大会(ワールドカップと欧州選手権)では、どこか1つのチームしか優勝できないのだ」

「結局、優勝という夢を果たせずに代表から引退するが、楽しんでプレーできたことは間違いないよ」