登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

オーレの監督としての成績

バースコー 1-3 ユナイテッド
アルトリンチャム 0-3 ユナイテッド
オックスフォード・ユナイテッド 2-2 ユナイテッド
ユナイテッド 3-2 リヴァプール
3勝1引き分け(得点11 失点5)
22/01/2009  Report by Steve Bartram

初タイトル獲得を喜ぶオーレ

ユナイテッドのリザーブは、ランカシャー・シニアカップ決勝でリヴァプールを倒して見事に優勝したが、指揮官として初のタイトルを手にしたオーレ・グンナー・スールシャール監督は、前任者のおかげで栄光を獲得できたと述べた。

7月30日に行われた決勝は、ブライアン・マクレアーとジム・ライアンがチームを率いていた2007-08シーズンから持ち越されたものだった。

「とても嬉しいが、タイトルを獲得したのは、チョッチー(マクレアーの愛称)に率いられた昨シーズンのチームだ」とスールシャール監督はManUtd.comに述べた。

「昨シーズンのリザーブリーグではリヴァプールが強さを発揮した。強敵だし、私たちにとっては、実力を試すいい機会だった」

「前半は苦戦したが、それに対してどう対処したらいいか、私の腕の見せ所だった。ハーフタイムに戦略変更を行ったが、その結果、後半はゲームを支配することができた」

リヴァプール戦にはフレイザー・キャンベル、ダーロン・ギブソン、ダニー・シンプソンというファーストチームでプレーする選手が出場したが、スールシャール監督は「フレイザー、ギボ(ギブソン)、シモ(シンプソン)はいいパフォーマンスを見せてくれた」と続けた。

「ファーストチームでプレーしている選手は、リザーブの選手たちにとっていい刺激になるんだ。優勝することもできたし、満足している」