登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

18/09/2012  Report by Nick Coppack in Durban, South Africa
ページ 1 / 2 次へ » 

監督がフォスターの才能に太鼓判

サー・アレックス・ファーガソン監督が、22日のオーランド・パイレーツ戦でユナイテッドのゴールを守り、無失点に抑えたベン・フォスターについて、イングランド代表の正GKになれる逸材だと改めて主張した。

フォスターがファーストチームの試合で90分間フル出場したのは、見事なセーブを2度も披露した3月のダービー戦以来のことだったが、ファーガソン監督は若き守護神のパフォーマンスに満足していると述べた。

「ベンにはファーストチームのレギュラーを獲得するだけの才能があるが、それはイングランド代表にとってもいいことである。代表のGKにはデイヴィッド・ジェイムズが復帰したが、ベテラン選手を使うぐらいなら、ベンにチャンスを与えるべきである」

「ユナイテッドの正GKはエドウィン(・ファン・デル・サール)だが、ベンが一流のキーパーの仲間入りを果たす可能性は大いにある。昨シーズンの活躍ぶりを考えれば、今はエドウィンがナンバーワンだが、ベンにも潜在能力はあるし、辛抱強く頑張っていれば、チャンスは訪れるだろう」

「GKはフィールドプレーヤーよりも選手生命が長いのだ。エドウィンは40歳までプレーできるだろうし、ベンはまだ24歳なので、あと14、15年は現役を続けられる。焦る必要はない」

一方フォスター自身は、MUTVに対して、レギュラーをつかむのは容易ではないだろうが、ハードワークを続けていきたいと語った。

ページ 1 / 2 次へ »