登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「結果には満足している。とくに前半のパフォーマンスは素晴らしかったと思う。ピッチを大きく使うサッカーができていたし、選手たちの動きも、パス回しもよかった」
─ サー・アレックス・ファーガソン監督
22/01/2009  Report by James Tuck

監督が若手選手の活躍を称賛

サー・アレックス・ファーガソン監督は1-0で勝利した22日のオーランド・パイレーツ戦について、後半は失速したものの、若手プレーヤーたちが活躍したことに満足していると述べた。

ユナイテッドは、ジョニー・エヴァンス、ダーロン・ギブソン、フレイザー・キャンベル、リー・マーティンといった若い選手が先発出場し、マーティンの決勝点で勝利を手にした。

「結果には満足している。とくに前半のパフォーマンスは素晴らしかったと思う」とファーガソン監督はMUTVにコメントした。

「ピッチを大きく使うサッカーができていたし、選手たちの動きも、パス回しもよかった。ボールへのプレッシャーも強く、攻撃的だったと思う」

「しかし、若い選手に起こりがちなことだが、試合開始から30分ほどが経つと、ペースダウンしてしまった。カウンター攻撃を仕掛けられる場面が1、2度あったが、フィニッシュをミスしてくれたので助かった」

「何人かの若手選手はまだ、ファーストチームでのプレー経験が乏しいが、(クリス・)イーグルスやマーティンはレンタル移籍していたことがあるし、自信を持ってプレーしていた」

「マーティンはシェフィールド・ユナイテッドで負傷し、実戦から遠ざかっていたものの、よくやっていたと思う。イーグルスも才能を感じさせるプレーをしていた。その他の若手選手たちも、ファーストチームで試合をこなしていくことにより、才能を伸ばすだろう」