登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report by Nick Coppack
ページ 1 / 2 次へ » 

監督、アラーダイスを擁護

サー・アレックス・ファーガソン監督が、空席になっているニューカッスルの監督を務めるのは最も困難な仕事の1つだろうと述べた。

9日にサム・アラーダイス監督が退任して以降、後任には、ポーツマスのハリー・レドナップ監督、ブラックバーンのマーク・ヒューズ監督、さらにOBのアラン・シアラーの名前が挙がっているが、マグパイズ(ニューカッスルの愛称)の次期指揮官はまだ決まっていない。

ファーガソン監督は『ユナイテッド・レビュー』誌の中で次のように語った。

「短期間の間に次々と指揮官を交代させるニューカッスルは、監督を務めるうえで最も難しいクラブかもしれない」

「解任された監督のリストを眺めていると、まるでサッカー界の紳士録を見ている気分になる。一流選手として活躍したジャック・チャールトン、オジー・アルディレス、ケヴィン・キーガン、ケニー・ダルグリッシュ、ルート・フリット、サー・ボビー・ロブソン、グレアム・スーネスなど、そうそうたるメンバーが名を連ねているが、そのほとんどは長く続かなかった」

「クラブの上層部、サポーター、マスコミがもっと長い目で見ていたら、この中から素晴らしい成功を収めた監督が出ていたかもしれない。チームを作り上げるには時間がかかるのだ」

ページ 1 / 2 次へ »