登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

17/01/2008  Report by Ben Hibbs

コッペル監督、ロナウドを警戒

19日のプレミアリーグでホームのマデイスキ・スタジアムにユナイテッドを迎えるレディングのスティーヴ・コッペル監督は、絶好調のクリスチアーノ・ロナウドを警戒していると語った。

ロナウドは直近の13試合で16ゴールを挙げる大活躍を見せており、ユナイテッドOBのコッペル監督はその才能には敬意を払うものの、19日の試合では最も注意を払わなければならないと述べた。

「ロナウドの得点数は、ウインガーとしては驚異的なものだ」とコッペル監督は報道陣に語った。

「素晴らしい才能を持っていると思う。(ウインガーとしてプレーした)私の現役時代は、シーズン前に、6試合に1点ずつ奪えればいいと考えていたものだ。だがロナウドは、ほぼ毎試合ゴールを決めている。しかも彼はストライカーではないのだ」

「ロナウドは得点を奪うだけでなく、チャンスも作り出している。いろんなプレーができる選手で、世界のどんなチームにとっても大きな脅威となる。ウインガーとしての定義に当てはまらないプレーヤーで、ただ称賛に値すると言っていいだろう」

ページ 1 / 3 次へ » 


絶好調

「ウインガーとしての定義に当てはまらないプレーヤーで、ただ称賛に値すると言っていいだろう」
─ スティーヴ・コッペル監督

ロナウドの成績
試合:25ゲーム
ゴール数:22点
プレミアリーグ:16点
チャンピオンズリーグ:5点
FAカップ:1点