登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

15/01/2008  Report by Steve Bartram

リオ、鉄壁の守備を称賛

リオ・ファーディナンドは6-0で圧勝した12日のニューカッスル戦について、無失点に抑えたことは、大量点を奪ったのと同じほど重要だったと主張した。

リオはニューカッスル戦でチームの4点目を決めたが、完璧な守備を見せたことを誇りに思うと語った。ユナイテッドはリーグ戦22試合を消化しているが、これで無失点に抑えた試合は13ゲーム目となった。

「大量点を奪ったのは嬉しいことだ。だが僕にとっては、無失点に抑えたことの方が重要だ」とリオはSetanta Sportsに語った。

「守備陣が点を許さなければ、前線にはロニー(クリスチアーノ・ロナウド)のような頼れる選手がいるから、試合には勝てるはずだ」

「自分たちのプレーに集中して戦っていきたい。無失点を続け、得点を奪っていけば、シーズンの終わりには笑っていられるだろう」

「今の段階で優勝争いの話をするのはまだ早い。今日の試合のように、安定した戦いを続けていくことが大事だ」