登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

09/01/2008  Report by Steve Bartram

シルヴェストルの回復は順調

膝の十字じん帯を損傷したミカエル・シルヴェストルのリハビリは、順調に進んでいる模様だ。

シルヴェストルは昨年9月のエヴァートン戦で負傷したが、今シーズンの終盤戦には復帰できる見込みとなっている。

家族旅行でニューヨークを訪れていたシルヴェストルは、『ニューヨーク・タイムズ』紙に次のように語った。

「毎日、5、6時間のリハビリを行っている。ジムにこもりっきりで、退屈なのはたしかだね。まだ外に出て走ることもできないんだ。プールでのリハビリは許可されている。でもボールに触ることはできない。長い道のりだ」

「体調が万全に戻れば、またファーストチームでプレーできるはずさ。シーズン終盤は試合も多いから、貴重な戦力になると思うよ」

「もちろん最初はリザーブチームのゲームに何試合か出て調整する必要がある。最初は45分、次は90分という具合に、徐々にプレー時間を伸ばしていくんだ。すぐにファーストチームに戻ることはできないよ。それは誰にとっても同じさ」

ページ 1 / 2 次へ » 


回復

「長い道のりさ。ジムにこもりっきりで、退屈だよ。けど体調が万全に戻れば、またファーストチームでプレーできるはずさ。シーズン終盤は試合も多いから、貴重な戦力になると思うよ」
─ ミカエル・シルヴェストル