登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

18/09/2012  Report by Nick Coppack

ギル、戦力補強にゴーサイン

サー・アレックス・ファーガソン監督は1月の移籍市場で新戦力を獲得する考えを持っていないようだが、チーフエグゼクティブのデイヴィッド・ギルは、監督が望めば、資金は用意できると語った。

ユナイテッドは11日に咋シーズンの決算を発表したが、過去最高の収益を上げたことが明らかになった。

「昨年夏に行ったように、チームは常に戦力アップを図っていく」とギルはマンチェスター・ユナイテッド・ラジオに語った。ユナイテッドは昨夏、ナーニ、アンデルソン、オーウェン・ハーグリーヴス、カルロス・テベスを獲得している。

「私たちは2006-07シーズンに好成績を残したが、オフに大金を投じて補強を行った。これは重要なことである」

ユナイテッドについては、ストライカーと左サイドバックを獲得するのではないかと噂されているが、ファーガソン監督は現在の戦力に満足しているとのコメントを残している。

ギルは、基本的にはファーガソン監督の考えに賛成しているとして、こう続けた。

「今のチームは、年齢、経験、能力という点で、非常にいいバランスが取れている。(したがって新戦力の獲得は)早急な課題というわけではない。だがもしも、たとえばウェイン・ルーニー2世ともいうべき選手が現れたときは、獲得に乗り出すだろうね」