登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

18/01/2008  Report by Ben Hibbs

安定した守備を称えるギグス

12日のニューカッスル戦では、6点を奪ったユナイテッドの攻撃陣にスポットライトが当たったが、ライアン・ギグスは安定したパフォーマンスを見せたユナイテッドの守備陣の活躍も見逃してはならないと語った。

ユナイテッドは2008年になってまだゴールを許しておらず、今シーズンの全大会で無失点に抑えた試合は17ゲームになる。ギグスはユナイテッドがリーグ首位に立っているのは、鉄壁の守りを見せるディフェンス陣のおかげだと話した。

「強固なディフェンスに大いに助けられている」とギグスはMUTVに語った。

「今シーズンは無失点に抑えているゲームが多い。安定した守備があってこそ、前線で素晴らしいプレーができるのだ」

ユナイテッドは19日にアウェーでレディングと対戦するが、過去2シーズンで5回当たり、3回引き分けている相手だけに、ギグスはより一層守りに力を入れ、攻撃陣は確実に得点を奪うようにしなければならないと続けた。

「レディングは自陣に下がって、守備を固めてくるようなチームではない。ゴールを狙って積極的に攻めてくるため、オープンな試合展開になるだろう」