登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

18/09/2012  Report by Ben Hibbs

フレッチャーが移籍の噂を否定

ダレン・フレッチャーは、スコットランド代表での元上司にあたるバーミンガムのアレックス・マクリーシュ監督が獲得に興味を示しているとされるが、ユナイテッドを去るつもりはないと語った。

「僕はマンチェスター・ユナイテッドに満足している。出て行きたいと思ったことはないよ。バーミンガムが興味を持っているという話は、今初めて聞いた。僕はできるだけ長くユナイテッドでプレーしたいと考えている」

フレッチャーは今シーズン、ユナイテッドで15試合に出場しているが、そのうちの9試合はアンデルソン、オーウェン・ハーグリーヴス、マイケル・カリックとの交代出場だった。また早ければ今月末にも、ポール・スコールズが故障から復帰するため、セントラルMFのポジション争いはますます厳しくなる。

しかしフレッチャーは、シーズンが終盤に向かうにつれ、自分がチームに貢献する機会は増えるはずだと主張した。

「誰もが試合に出たいと思っているのは間違いない。でも誰がプレーするかは、チーム状況にもよるんだ。ポール・スコールズがけがをしたとき、アンデルソンが代わりに出て、いいプレーを見せた。監督もいいパフォーマンスを披露する選手を起用するからね」

「だが、シーズンも終盤になると試合数も増えるだろうし、僕が貢献できるチャンスが出てくるかもしれない。でも今は目の前の試合を考えるようにしている。最終的に、咋シーズンよりも多いトロフィーを獲得できれば最高だね」