登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「DF陣は素晴らしいパフォーマンスを見せていた。彼らが頑張ってくれたおかげで、相手に自信を与えることがなかった」
─ サー・アレックス・ファーガソン監督
22/01/2009  Report by Gemma Thompson
ページ 1 / 2 次へ » 

監督、堅固な守備陣を称賛

サー・アレックス・ファーガソン監督は、2-0で勝利したFAカップ3回戦のアストン・ヴィラ戦で、固い守備を見せたディフェンス陣を誇りに思っていると話した。

「DF陣は素晴らしいパフォーマンスを見せていた」とファーガソン監督はMUTVに語った。

「ゴールを奪われそうな危ないシーンはなかったと思う。今日のような緊迫したカップ戦のゲームでは重要なことだ。しかもアストン・ヴィラは最近調子がよかっただけに、無失点に抑えることができたのは大きい」

「守備陣が頑張ってくれたおかげで、相手に自信を与えることがなかった。だが試合自体は、とくに前半はそうだったが、退屈な展開になり、ゴールが生まれそうな気配はなかった。ロナウドが先制するまで、チャンスらしいチャンスは作れなかった」

「ロナウドはそれまで、ヴィラの選手たちから徹底的にマークされており、彼らしいプレーができていなかった。だが彼は、大事な場面ではいつもきっちりと仕事をしてくれる。こっちがリードすると、ヴィラは点を奪う必要があったため、攻撃を仕掛けてきた。その結果、スペースが生まれ、私たちはチャンスを生かして2点目を奪った。勝てて嬉しく思っている」

ファーガソン監督はまた、70分から途中出場し、試合の流れを変えたウェイン・ルーニーにも称賛の言葉を惜しまなかった。

「彼の投入によって、試合の流れはユナイテッドに傾いた。他の選手の動きもよくなったし、相手陣内でダイレクトプレーが増えるようになって、リズムが出てきた」

そしてファーガソン監督は「ここ数年はスールシャールのようなスーパーサブをずっと探していたんだよ」と冗談を飛ばした。
「とにかくウェインはこの試合で、大きな影響を与えてくれた」

ページ 1 / 2 次へ »