登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report by Ben Hibbs

ユナイテッドの収入は世界2位

監査法人のデロイトが発表した最新のデータによると、ユナイテッドは2006-07シーズンの収入で、昨シーズンの世界4位から、第2位に浮上した。

世界で最も裕福なクラブは、3年連続でレアル・マドリーになった。

ユナイテッドは、オールド・トラッフォードの拡張により、観客席数が7万6000席に増加したことや、チャンピオンズリーグで準決勝まで進んだことなどが、収入増加につながった。

デロイトのユナイテッドの担当監査人は次のようにコメントした。

「2007-08シーズンからはプレミアリーグのTV放映権料が増加するため、マンチェスター・ユナイテッドとレアルの収入差は縮小する可能性がある。チャンピオンズリーグの結果次第ではユナイテッドが1位に輝くこともあるだろう」



浮上

1 (1) レアル・マドリー  2億3620万ポンド
2 (4) マンチェスター・ユナイテッド 2億1210万ポンド
3 (2) バルセローナ  1億9530万ポンド
4 (6) チェルシー  1億9050万ポンド
5 (9) アーセナル  1億7760万ポンド
6 (5) ACミラン  1億5300万ポンド
7 (8) バイエルン・ミュンヘン  1億5030万ポンド
8 (10) リヴァプール  1億3390万ポンド
9 (7) インテル  1億3130万ポンド
10 (12) ローマ  1億610万ポンド

()内は前シーズンの順位