登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

03/02/2008  Report by James Tuck

リオ、スパーズの得点を批判

リオ・ファーディナンドは、2日のトッテナム戦について、ロスタイムにゴールを奪って引き分けに持ち込んだことには満足しているものの、相手のゴールは認められるべきではなかったと主張した。

スパーズは20分、ディミタール・ベルバトフのゴールで先制したものの、その前にジャーメイン・ジーナスが手を使ってボールを味方の方へ流しているように見えるシーンがあった。

「彼らはゴールを認められて幸運だった」とファーディナンドはMUTVに語った。

「僕はジーナスが転んだあと、手でボールを触るところをはっきり見たんだ。だからラインズマンに抗議したんだが、彼はその場面を見逃していた。信じられないことだ」

この日のユナイテッドのパフォーマンスは低調で、なかなかゴールを返すことができず、苦しい展開が続いたが、ロスタイムにカルロス・テベスがCKから得点を挙げ、試合をドローに持ち込んだ。

「CKで上がっていったとき、審判が『あと30秒』って言ったんだ。だからこれがラストチャンスだと思ったよ」

ページ 1 / 2 次へ » 


闘志

「厳しい戦いになるのは分かっていた。でも、ユナイテッドが強いメンタリティーを持っていることを証明できたはずだ」
─ リオ・ファーディナンド