登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

24/02/2008  Report by Steve Bartram
ページ 1 / 2 次へ » 

監督、会心の勝利に満足

サー・アレックス・ファーガソン監督は23日のニューカッスル戦に5-1で大勝したことについて、選手たちのどん欲なパフォーマンスに満足していると述べた。

「素晴らしいパフォーマンスだった。チャンスは作ったし、もっと点を奪っていてもよかった。だが一番重要なのは、選手たちがいい動きを見せていたことだ」とファーガソン監督はSetanta Sportsに語った。

「ニューカッスルでのゲームはいつも簡単にはいかない。ファンの応援はすごいし、異様な雰囲気になる。だから、まず最初にやらなくてはいけないのは、ファンを静かにさせ、向こうのペースに巻き込まれないようにすることだ。今日の試合ではそれができたと思う」

また、20日のチャンピオンズリーグのリヨン戦からメンバーを4人入れ替えたことについては、「中盤は戦力が豊富だから、選手を変更した」と話した。

「ポール・スコールズ、オーウェン・ハーグリーヴス、アンデルソンは水曜日にプレー(20日)したので、ダレン・フレッチャーとマイケル・カリックを先発で起用した」

「だが、試合を決めたのは前線の選手たちで、本当に見事な活躍を見せてくれた。2ゴールずつを奪ったロナウドとルーニーについては、何も言うことはない。テベスの動き、ナーニの突破も素晴らしかった」

ページ 1 / 2 次へ »