登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009 

日本でプレミアの公式戦を開催?

プレミアリーグの20クラブは7日、2010-11シーズンから試合数を1つ増やし、そのゲームを1月に海外で開催するという提案に対し、さらなる検討を行うことで合意した。

同リーグのチーフエグゼクティブを務めるリチャード・スカダモアは以下のようにコメントした。

「バークレイズ・プレミアリーグが国内外のファンから世界最強のリーグと考えられていることを光栄に思っている。“海外ゲーム”は斬新で面白いアイデアだと思うが、実際に導入するには十分な検討を行う必要がある」

「海外で試合を行うことで、バークレイズ・プレミアリーグのレベルはさらに上がり、20クラブの人気は国内外でますます高まるだろう。そうなれば、才能ある選手がもっと多く集まり、施設も整備され、サッカーを取り巻く環境はさらに向上するはずだ」

「スポーツのグローバル化は、チャンスでもあり、またチャレンジでもある。プレミアリーグでは世界各国の選手がプレーするようになり、国際的なリーグになった。だがその一方で、私たちはイングランドのリーグであることを忘れてはならない。生え抜きの選手、草の根レベルでの選手の育成を今後も続けていき、地域社会に貢献する必要がある」