登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

10/02/2008  Report by Ben Hibbs

カリック「勝負はこれから」

マイケル・カリックは、10日のマンチェスター・シティーとのダービー戦に1-2で敗れたショックを隠さなかったが、この黒星がタイトル争いに影響を及ぼすことはないと主張した。

「(終了間際に自らが決めた)ゴールは、試合に負けたんだから、何の意味も持たない」とカリックはMUTVに語った。

「僕たちはうまく攻めることができず、いつものように得点チャンスを作り出せなかった。ユナイテッドらしくなかったと思う。試合前の1分間の黙とうが無事終わったのはよかったが、試合内容には不満を覚えている」

「シティーに2点をリードされたあと、なかなかゴールを返せなかった。向こうはプラン通りのゲームをできたんじゃないかな。1点差なら、まだ追いつけるチャンスがあると思うものだが、2点差は厳しい。後半開始直後に1点でも奪っていたら、また違った展開になっていただろう。だが、1点を返すのがあまりに遅すぎた」

これで、11日にホームでブラックバーンと対戦する首位のアーセナルが勝利すれば、ユナイテッドとの勝ち点差は5に広がる。しかしカリックは心配していないと続けた。

「ゲームはまだたくさん残っている。アーセナルが残りの試合を全勝するとは思えない。タイトルレースはまだ紆余曲折があるはずだ。その過程でアーセナルを捕えたい」