登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「今のユナイテッドは結束力が強いし、選手はハングリー精神を持って戦っている。トッテナム戦で見せたように、粘り強さもある。残りのゲームを戦っていくうえで、心強い」
─ サー・アレックス・ファーガソン監督
07/02/2008  Report by Steve Bartram
ページ 1 / 2 次へ » 

監督、ダービーマッチに自信

サー・アレックス・ファーガソン監督が、10日のマンチェスター・シティーとのダービーマッチに向けて自信をのぞかせるコメントをした。

「自信はピッチから生まれるものだ。現在のチームのパフォーマンスの高さ、連帯意識の強さを見れば、自ずと自信は湧いてくる」とファーガソン監督はスカイスポーツに語った。

「今のユナイテッドは結束力が強いし、選手はハングリー精神を持って戦っている。土曜日(2日)のトッテナム戦で見せたように、粘り強さもある。残りのゲームを戦っていくうえで、心強い」

ユナイテッドは昨年8月のアウェーでのシティー戦には0-1で敗れたものの、ファーガソン監督は今回の対戦は状況が異なると主張した。

「ここまでの成績にはとても満足している。シーズンが始まった頃はルーニーやロナウドを欠いていたし、選手たちの体調は100パーセントの状態ではなかった。だが、今は絶好調だ」

「1年前に言ったように、このチームはまだ若く、成長している段階なんだ。チームは着実に力をつけてきている」

ユナイテッドは現在、アーセナルおよびチェルシーとリーグの首位争いを展開しており、ファーガソン監督は激しい戦いになるだろうと予想するが、その一方で、チームの選手層の厚さに自信があると語った。

「状況はよくなってきているし、チームは強くなっている。ルイ・サアは来週復帰する予定だし、ポール・スコールズが故障から戻ってきたのは新しい選手を獲得したような効果がある。パク・チソンの復帰も大きい」

ページ 1 / 2 次へ »