登録
ようこそ 
登録情報を変更する




サッカーニュース

18 December 2008  Report by 奥野剛史(横浜)

G大阪 3-5 ユナイテッド

途中出場のルーニーの2得点などで、ユナイテッドがG大阪を撃破。クラブ世界一に王手をかけた。

前日の会見で監督が出場を明言したネヴィル、ギグス、スコールズのベテラン3選手とロナウドは揃ってスタメン入り。一方、ルーニーは、ベンチからのスタートとなった。
来日4日目でこれが大会初戦のユナイテッドに対し、コンディションの良さで上回るG大阪はアグレッシブな動きで序盤の主導権を握った。

2分に橋本がミドルで初シュートを放つと、4分には安田がドリブルでネヴィルをかわしてシュートと、序盤から立て続けにフィニッシュまで持ち込んできた。
ユナイテッドはさらに12分、スルーパスを受けた播戸に抜け出されるピンチを迎えたが、正面を突いたシュートはファン・デル・サールが落ち着いて跳ね返した。

15分頃までは全体的に運動量が少なかったユナイテッドも、選手間の距離を近く保ってのパスワークや、正確なロングパスで両サイドを広く使っての攻撃で、徐々に相手陣内に押し込む場面が増えてくる。
相手の前に出てボールを奪い、的確なパスさばきを見せたスコールズのプレーも、ユナイテッドへと流れを引き寄せた。
 
27分にはロナウドが鋭いターンで相手をかわし左足でシュート。ブロックに阻まれたがCKを獲得した。そしてこの右CKを、ヴィディッチが頭一つ抜け出した打点の高いヘディングでねじ込み、ユナイテッドが先制点を奪う。

2点リードで迎えた後半、ユナイテッドはボールを持たれてもそれほど厳しく前から取りにいかず、陣形を整えてG大阪の攻撃に落ち着いて対応した。

74分、テベスに代わってルーニーが登場すると、日本のユナイテッドファンから一際大きな歓声が上がった。しかしその直後に一瞬のスキを突かれ、縦に速い攻撃からG大阪の山崎にゴールネットを揺らされてしまう。
交代直後に1点を返され、ルーニーは黙っていなかった。フレッチャーの浮き球パスを巧みに胸で受けて中澤をかわして左足でゴール。試合の流れをG大阪に渡さず、3-1と突き放した。

ルーニーの投入で前線の動きが活性化し、ゴールへの勢いを増したユナイテッドはここから一気にたたみかける。
78分、左からのエヴラのクロスをフリーのフレッチャーがゴール左に流し込んで4点目。さらに79分にもギグスのスルーパスに抜け出したルーニーが再び決めて5-1とし、勝利をほぼ手中にした。

点差を広げられた後もゴールへの意欲を失わず、最後まで粘るG大阪に終盤2点を返されたが、最終的には5-3で逃げ切った。
最近のゴール欠乏症を吹き飛ばすゴールラッシュで日本のファンを喜ばせたが、3失点を喫したことは決勝に向けて課題が残る。

21日の決勝は、準決勝で試合巧者ぶりを見せた南米王者リガ・デ・キトが相手。世界一の座を勝ち取るために、ユナイテッドにはさらに一段高いパフォーマンスを期待したいところだ。 

※あなたが選ぶ、ガンバ大阪戦のマン・オブ・ザ・マッチは? 投票はこちら

ラインナップ
G大阪:藤ヶ谷、加地、中澤、山口、安田、明神、橋本、遠藤、山崎、ルーカス、播戸(88分 寺田)
出場しなかった控え選手:松代、二川、ロニー、下村、倉田、武井
警告:山口

ユナイテッド:ファン・デル・サール、ネヴィル、ファーディナンド、ヴィディッチ(70分 エヴァンス)、エヴラ、ナーニ、スコールズ(68分 フレッチャー)、アンデルソン、ギグス、ロナウド、テベス(74分 ルーニー)
出場しなかった控え選手:アモス、クシュチャク、ラファエウ、オシェイ、カリック、ギブソン、パク、ウェルベック
警告:ルーニー