登録
ようこそ 
登録情報を変更する




サッカーニュース

チャンピオンズリーグ
12/10(水)オールド・トラッフォード

マンチェスター・ユナイテッド 2
テベス(3分)、ルーニー(52分)

アールボー 2
ヤコブセン(31分)、クルト(45分)

10 December 2008  Report by Steve Bartram

ユナイテッド 2-2 アールボー

ウェイン・ルーニーが後半に同点ゴールを奪い、ユナイテッドはアールボーと引き分けた。しかし、首位通過をするには引き分けで十分だった。

カルロス・テベスとルーニーがゴールしたものの、2失点を喫して2-2の引き分けに終わったユナイテッドだが、ビジャレアルがセルティックに0-2で敗れたため、グループE首位通過を決めた。消化試合の意味合いが濃いこの試合、サー・アレックス・ファーガソン監督は主力選手を休ませる形をとった。エドウィン・ファン・デル・サール、ネマニャ・ヴィディッチ、ダレン・フレッチャー、ディミタール・ベルバトフ、クリスチアーノ・ロナウド、そしてマイケル・カリックらを休ませた。

選手を大幅に入れ替えたユナイテッドだったが、開始3分のテベスのゴールで幸先良く先制した。ライアン・ギグスの浮き球のパスにテベスが反応して、ネットを揺らしたのだ。そのわずか2分後、テベスにまたもチャンスが訪れるが、決めきれず。

その後も攻め続けたユナイテッドはアンデルソンが起点となって前線に好パスを送り、ルーニーにシュートチャンスが訪れた。だが、これらのチャンスを決められない。ユナイテッドはこの時点で3-0としていなければならなかった。

攻撃に全く怖さのないアールボーに対してユナイテッドは、26分にギグスがナーニとの連係からシュートに持ち込むも、枠を捕えられない。一方、アールボーはその2分後、マルティン・ペデルセンのクロスがユナイテッドゴール前に放り込まれるも、それほど危険な場面とはならなかった。

しかし31分、右サイドからのフリーキックにマイケル・ヤコブセンが頭で合わせて試合は振り出しに戻った。そして残りの前半の戦いぶりで賞賛を浴びることになったのはアールボーだった。

前半ロスタイムに左サイドから放り込まれたアンデルス・デュエのクロスに、ファーサイドへ走り込んだイェップ・クルトにヘディングで合わせられて、逆転されてしまった。

後半からユナイテッドはギグスとダーロン・ギブソンを外して、ポール・スコールズとパク・チソンを投入。そして、6分にナーニのスルーパスを受けたルーニーが同点ゴールを挙げた。アンデルソンは中央に走り込んだルーニーへ絶妙なパスを通し、ルーニーの弾道の低いシュートがネットに突き刺さった。

カーリングカップのブラックバーン戦で復帰を果たしていたスコールズは、中盤でボールを捌き、試合を組み立てた。同点としたユナイテッドは圧力をかけ続け、71分にはルーニーのフィードからガリー・ネヴィルにシュートチャンスが訪れたが、相手GKのファインセーブに阻まれてしまった。

さらに85分にはルーニーのスルーパスを受けたテベスが、GKをかわしてのシュートを放つも、枠を捕えきれずサイドネットにかかってしまう。

終了間際にはナーニがミドルシュートを放ってゴールを狙ったが、枠のわずか上に外れ、タイムアップ。アールボーの戦い方が賞賛されるかはわからないが、ユナイテッドが無敗をキープし、グループリーグ首位通過を決めた。

ユナイテッド:クシュチャク、ネヴィル(77分 ラファエル)、ファーディナンド、エヴァンス、オシェイ、ナ―ニ、ギブソン(46分 パク)、アンデルソン、ギグス(46分 スコールズ)、テベス、ルーニー
出場しなかった控え選手:フォスター、ヴィディッチ、フレッチャー、ポセボン

アールボー:ザザ、ベゲルンド、オルフェルス、ヤコブセン、ペデルセン(76分 セーレンセン)、クルト(75分 カカ)、エネボルドセン、アウグスティヌセン、リスガード、デュエ(66分 クリステンセン)、サガノフスキ
出場しなかった控え選手:ノムヴェテ、ブレマー、ニールセン、シュワルツ
警告:クルト