登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report by Gemma Thompson

過密日程にもチームは対処できる

シーズン後半戦を前に、過密日程にも対処するだけの選手層とクオリティーがチームにはあると、サー・アレックス・ファーガソン監督が自信を持って語っている。

監督はカーリングカップで準決勝進出を決めたことを喜んでいるが、それは、厳しいスケジュールに更に2試合が加わったということを意味する。オールド・トラッフォードで行なわれる予定のプレミアリーグのフルアム戦とウィガン戦は延期され、まだ新たな日程は決まっていない。

トロフィーを追い求める中で、チームの全員が、それぞれの役割を果たしていると語る監督は、これからの挑戦に対しても強気な姿勢を崩さない。

「誰かをレンタル移籍に出すつもりは無い。チームは全員を必要としているから、これからも全員が一緒に戦う」と、監督はMUTVに語った。

「ポール・スコールズの復帰は素晴らしい出来事だよ。彼はチームの中でも特別な選手だ」

「準決勝進出決定は、更に2試合が増えたことを意味する。そして、未だにフルアムとウィガンとのリーグ戦の日程が決まっていないことで、少し戦いが難しくなっている。しかし、我々はとても強力なチームだから、私は大丈夫だろうと確信している」