登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report by Press Department

エヴラの出場停止処分に抗議せず

先日発表されたパトリス・エヴラへの処分は重過ぎると思われたが、マンチェスター・ユナイテッドはこの問題を長引かせないために、FA(イングランド・サッカー協会)に抗議しないと決断したようだ。

クラブの広報担当者は次のように説明している。「ユナイテッドは今回のできごとについて検証を行った。そして、FAは様々な側面から検討した結果として今回の決定を下したのだろうと結論づけた。処分が重過ぎるというクラブの見方は変わっていないが、抗議しても問題を長引かせるだけだと判断した。シーズン後半に向けて、チームには、このようなお役所仕事的な問題にではなく、試合に集中してもらいたいと考えている」

「パトリスは出場停止処分を受け入れているが、誰かを殴ったりはしていないと全面的に否認している。彼は、プレミアリーグで戦うようになって以降、フェアプレーでサッカーを楽しんできたし、委員会から退場処分を受けるようなことは1度もなかった」

「FAがこれまでの不適切な行為やその他の警告に対する処分を参考にしなかったのは明らかだ。彼に対する処分が不当に重すぎるとのクラブの見方に変わりはない。クラブだけでなくサポーターも同じ考えを持っているだろう」

「キャリアを脅かすほどの悪質なタックルを仕掛けた選手や観客席に飛び込んだ選手よりも重い処分を科しているという事実からも、懲戒委員会がどれほど馬鹿げた決断を下したかがお分かり頂けると思う」