登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report By Ben Hibbs

Aabアールボーに重圧はない

10日のAaBアールボー戦で、ユナイテッドは勝利とグループE首位を目指して戦う。しかしマイケル・カリックはチームメイトに対し、相手チームを警戒するよう警告している。

ユナイテッドのグループE突破はすでに決定しており、AaBアールボーもUEFAカップ出場を決めた。10日のオールド・トラッフォードでの試合はすでに勝敗の関係ない消化試合として認識されている。

カリックは負傷により出場しないが、マッチデープログラムには何よりもまず警戒を口にした。グループステージを首位通過することで、決勝トーナメント初戦が簡単になる保証はどこにもない。しかし、首位通過をすることは、ユナイテッドが2連覇を目指す意思を代弁することになるだろう。

AaBアールボーもこの試合で失うものは何もないことが、試合を予測不可能にしている。「彼らにプレッシャーは全然ないよ」と、カリックはUnited Reviewに語った。

「AaBアールボーに勝敗は関係ない。心から試合を楽しんで、自分たちのサッカーを表現してくるだろう。敗戦を視野に入れている可能性もある。だけど僕にしてみれば、チャンピオンズリーグの試合で、オールド・トラッフォードにやってきて、負けを目指すなんておかしいよ」

「AaBアールボーは試合を楽しみにしているだろう。そして失うものは何もない。だから良い結果を目指しているだろう。だけど、ここ数年ユナイテッドのホームでの強さは、ヨーロッパでも群を抜いている。その状態を続けたいと思っているよ」