登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report by Gemma Thompson in Yokohama
ページ 1 / 2 次へ » 

稀少な生え抜き選手への期待

サー・アレックス・ファーガソン監督は3人のベテラン選手の揺るぎない忠誠心を称賛する一方で、彼らのように1つのクラブで長くプレーする選手はいなくなりつつあると語った。

ガリー・ネヴィル、ライアン・ギグス、ポール・スコールズの3人のアカデミー時代からのキャリアを合計すると、およそ60年という驚くべき数字になる。監督はこれほどまでにクラブに対して献身的な選手には、もう二度と巡り会えないだろうと話している。

「今はどのクラブでも、長くプレーしてくれる選手を育てたいと考えている。しかし、近年では契約が自由化された影響で、こういう選手がほとんどいなくなってしまった。ただ、ギグスの在籍期間はなんと21年、スコールズとガリー・ネヴィルは19年ずつだ。こんな選手はまずいないし、我々は本当にラッキーだと思うよ。しかし、もう彼らのような選手には巡り会えないだろうね」

今シーズンもユナイテッドのタイトル獲得に向けて重要な役割を担っているギグスとは対照的に、ネヴィルとスコールズは思うような活躍ができず、苛立ちが募っているようだ。ラファエウの参入と彼の右サイドバックとしての素晴らしい活躍により、ネヴィルは出場機会を制限されることとなった。一方で、スコールズはひざの負傷による2ヶ月の離脱からようやく復帰を果たしたばかりだ。

しかし、この2人も今後数ヶ月に渡ってチームのために重大な役割を果たすことになるだろうと監督は主張している。「彼らの経験はチームにとっていつも大きな力となるんだ。個人的にはガリー・ネヴィルとウェズ・ブラウンがイングラン

ページ 1 / 2 次へ »