登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report by Gemma Thompson
ページ 1 / 2 次へ » 

オシェイ、時差ぼけの不安なし

ジョン・オシェイは、ユナイテッドが時差ボケの影響を乗り越え、26日の昼に行われるストーク戦を迎えられることを望んでいる。

クラブワールドカップのため、8日間を日本で過ごし、世界一に輝いたユナイテッドは、22日の夕方にマンチェスターに到着した。

日本の環境に慣れるのは難しいことだったため、オシェイは帰国が体のリズムを整える良い機会だと思っている。

「僕らの体のリズムがすぐに戻ることを確信しているよ」と、オシェイは語った。

「コーチたちが時差に対する準備をしてくれたから、イングランドに帰っても時差ボケの影響はあまりないと思う」

パク・チソンも帰国後の状態は悪くないと語ってくれた。

「やっと元に戻ったという感じだよ。日本に着いたときはチームの多くのメンバーが時差の影響を受けていたからね」

2009年の1月は、オシェイとチームメイトにとって大変忙しい月となるだろう。しかし、このチャレンジをチームは楽しんでいるようだ。

ページ 1 / 2 次へ »