登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

18/09/2012  Report By Steve Bartram

ルーニーとロナウドはお咎めなし

ウェイン・ルーニーとクリスチアーノ・ロナウドがAaBアールボー戦とトッテナム戦でのボールを持っていなかった時のプレーで処罰対象になることはないだろう。

ルーニーはユナイテッドが引き分けた10日のチャンピオンズリーグ、AaBアールボー戦終了後に、AaBアールボーのDFキャスパー・リスゴーから試合中に胸を踏みつけられたと訴えられたことでメディアから詮索されていた。

しかしUEFAの広報は処罰の対象にならないことを確認して述べている。「UEFAはウェイン・ルーニーに対していかなる懲戒手続きも開始しない」

それから、ロナウドは13日にホワイト・ハート・レーンで対戦し、引き分けたトッテナムのDFマイケル・ドーソンにボールのない所で蹴られたと主張された。しかしその試合の主審を務めたマイク・ディーンはその場面はレッドカードに値しなかったと話している為、FAも罰しないであろう。

FAの広報は:「我々はレフリーと連絡をとり、彼がその瞬間を見ていないことを確認した」

「その場面を見直したところ、彼は改めてそのプレーが退場に値しないと確認したんだろう、そういったケースでは更なる措置は行われない」