登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009 

監督「互いにいい試合をした」

18日に行われたクラブワールドカップ準決勝、G大阪vsマンチェスター・ユナイテッドの一戦は5-3でユナイテッドが勝利した。試合後のサー・アレックス・ファーガソン監督のコメントは以下の通り。

――試合を振り返ってください
今日は観客にとってお金を払うだけの価値のある試合だった。互いに良い試合をしたし、日本のサッカーの発展が見られた。5-3という結果に関しては満足している。ファン・デルサールに助けられたシーンが多かった。勝利は彼のおかげとも言える。

――G大阪に良い選手はいましたか?
個人名を挙げることはできないが、特に前線の選手は良かったと思う。G大阪の選手たちに感動を覚えた。

――西野監督が「ファーガソン監督を本気にさせたい」と言っていましたが、ナーバスになる時間帯はありましたか?
ナーバスになる時間はあった。特に遠藤に驚かされた。彼はルーカスの後ろのトップ下でプレーすると予想していたが、ポジションチェンジが効果的で、苦しめられた。

――決勝のリガ・デ・キト戦について
昨日のパチューカ戦を見て非常に機動力のあるチームだと思った。また明日以降、調整して試合に臨みたいと思っている。

※あなたが選ぶ、ガンバ大阪戦のマン・オブ・ザ・マッチは? 投票はこちら