登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report by James Tuck & Gemma Thompson
ページ 1 / 2 次へ » 

ロナウド、リオも欠場か?

ユナイテッドの負傷者リストに新たな名前が加わった。クリスチアーノ・ロナウド、リオ・ファーディナンド、マイケル・カリック、そしてディミタール・ベルバトフの4人が、13日のトッテナム戦出場を危ぶまれている。

ロナウドは6日に行われたサンダーランド戦で腰を負傷したため、10日のアールボー戦の出場を見送っていた。一方のファーディナンドも、2-2で勝利したアールボー戦で背中のけいれんを起こしている。

カリックとベルバトフもアールボー戦を欠場していた。現時点で2人が13日に行われる古巣との対戦に間に合うかどうかは、微妙となっている。しかし、サー・アレックス・ファーガソン監督は、カリックにはチャンスがあると信じている。

ウェイン・ルーニーとパトリス・エヴラは出場停止となっており、ハリー・レドナップ監督率いるトッテナムとの対戦には、大きな戦力減だ。

「試合までにチームのコンディションを整えておくのが我々の仕事だ」と、監督は試合前の会見で語った。「しかし、だからこそ多くの選手が必要なんだ」

「ロナウドの腰は非常に敏感な状態だ。どんな当たりでも強烈な痛みを伴う。もし彼が間に合うようなら、アキレス腱の問題でベルバトフが間に合わない場合にセンターで彼を起用するかもしれない」

ページ 1 / 2 次へ »