登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「僕は、自分に与えられたチャンスであれば、どんなものでもつかんできた。日本でもチャンスをもらえるとうれしいね」
― ベン・フォスター
06/09/2010 

出場機会を待つフォスター

フォスターは今シーズン、11月5日のチャンピオンズリーグ、セルティック戦と、12月3日のカーリングカップ、ブラックバーン戦でゴールを守った。
クシュチャクとともに、正GKファン・デル・サールという高い壁に挑戦している状況だが、クラブワールドカップでもいつ出番がきても大丈夫なように準備はできている。

「これは本当に大きな大会だね。大会に出場するすべてのチームが勝利を望んでいる。でも、僕たちだってこの大会のトロフィーを手にする最初のイングランドのチームになりたいと思っているんだ。それが実現するといいよね」

「僕は今回の遠征で初めて日本を訪れることになる。スタジアムもピッチも素晴らしいものだと知っているし、とても良い経験になるに違いないね」

「僕は、自分に与えられたチャンスであれば、どんなものでもつかんできた。日本でもチャンスをもらえるとうれしいね。ただ、出場するのは普段よりも難しいかもしれない。正GKには、毎週プレーしているような選手が選ばれるんだ」

「次の試合の出場が分かっていれば、選手は次の試合に向けた準備に1週間を費やすことが出来る。その一方で、プレー出来るか分からない状況で準備するのは大変だよ。それでも、プロフェッショナルな選手になりたいなら、しっかりとした練習を続けなければならない。そして、チャンスが訪れた時に準備が出来ているようにする必要があるんだ」