登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report by James Tuck
ページ 1 / 2 次へ » 

敗戦から多くを学んだエヴァンス

今シーズン、ジョニー・エヴァンスは、カーリングカップにファーストチームの一員として出場し、価値のある経験を積み重ねている。しかし、エヴァンスは昨シーズンのこの大会でコヴェントリーを相手に敗戦を喫したことから、多くを学んだと語っている。

昨年9月にオールド・トラッフォードで行われ、0-2で敗れたコヴェントリー戦で、エヴァンスは1時間に渡ってプレーした。そして、この時の経験は、彼とこの試合に出場した若手選手の中で未だに燻っていることを明かした。

「今シーズンにプレーしたいくつかの試合よりも、コヴェントリーに敗れたことから多くを学んだよ」とエヴァンスはManUtd.comに語った。「僕を含むあの夜にプレーした多くの選手が、自分自身とファンを失望させることになったと感じたと思う。僕たちはまともなパフォーマンスを披露することは出来なかった。でもあの敗戦から学んだんだ」

「過剰に気にすることはないけど、あの敗戦が僕の心に残っていることは確かだ。チャンスを得た時に、上手くプレーすることでその気持ちを変えることが出来るかは自分次第だね」

4回戦のQPR戦でプレーしたエヴァンスは、3日のブラックバーン戦で次のチャンスを得ることになるかもしれない。

「誰がプレーするかは分からない。でも、監督はファーディナンドとヴィディッチを休ませるかもしれない。だから、僕が出場機会を得るかもしれない」と、エヴァンスは語った。「彼らのどちらかがけがをすることだってあるのだから、僕は常に準備しているよ」

ページ 1 / 2 次へ »