登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report By Nick Coppack
ページ 1 / 2 次へ » 

カリックが守備陣を絶賛

ユナイテッドは、ウェイン・ルーニーのキャリア通算100ゴール目となるゴールで、3試合ぶりの得点を挙げたが、マイケル・カリックはユナイテッドの守備の素晴らしさを強調した。

1-0の勝利を収めたマンチェスター・シティー戦で中盤を支配したカリックは、勝ち点3を得たことを「妥当な結果だ」と、MUTVで語った。

「守備陣が本当に素晴らしかったよ」と、彼は付け加えた。「クリスチアーノ・ロナウドが退場して僕たちは少し戦い方を変えたんだ」

「10人になってしまうとFWとDFの距離が間延びしてしまって、上手い試合運びができなくなるんだけど、シティー戦の僕たちは、コンパクトに保つことができた。そのおかげで僕たちは守備に集中できた」

「試合に勝つには運が必要なときもあると思うけど、シティー戦の僕たちはその運を持っていたと思う。アウェーのシティー戦での勝利は素晴らしい結果だと思うよ」

カリックのシュートのこぼれ球を、ルーニーが決めてユナイテッドの得点は生まれた。ルーニーがシュートを撃った時、カリックはマンチェスター・シティーのGKジョー・ハートが、ルーニーのシュートを防ぐことはできないとすぐに分かった。

「パク・チソンが頭で落としたボールにすぐに反応してシュートを撃ったんだ」と、カリックはゴールシーンについて語った。「僕たちが作ったチャンスをルーニーはきちんと決めてくれた。ほんとに素晴らしかった」

ページ 1 / 2 次へ »