登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「特に後半は我々がゲームを支配していたから、いらいらさせられたね。チーム全員が本当によく動いていたが、運がちょっと足りなかった」
― サー・アレックス・ファーガソン

MANUTD.COM The Official Website

Please upgrade to the latest version of Flash Player
Once the new Macromedia Flash Player has been installed,
please revisit the site in a new browser window.

13 December 2008  Report by James Tuck
ページ 1 / 2 次へ » 

監督はポジティブさを保つ

サー・アレックス・ファーガソン監督はトッテナムを相手にスコアレスドローで終わった今日の試合に、それほど落胆してはいなかった。

リヴァプールとの勝ち点差を埋めることはできなかったものの、監督はチームのプレーに満足しており、首位との差を縮めるにはまだ多くの時間が残されていると感じているようだ。監督は次のように語った。

「特に後半は我々がゲームを支配していたから、いらいらさせられたね。チーム全員が本当によく動いていたが、運がちょっと足りなかった」

「終了間際に、相手のGKは2度素晴らしいセーブをしたね。ファーディナンドのヘディングシュートとギグスのフリーキックのときだ。アーセナルとリヴァプールが引き分けたから勝ち点が欲しかったんだが、同じ結果となってしまったね。確か、2、3週間前にも同じことが起きていたな」

「シーズンは長い。新年が明けるまでに首位との差を縮められれば、我々に大きなチャンスがあると思うよ」

ページ 1 / 2 次へ »