登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report by Ben Hibbs
ページ 1 / 2 次へ » 

監督は終了間際のゴールに安心

サー・アレックス・ファーガソン監督はサンダーランドの粘り強い守備を賞賛した。しかし、勝者に相応しかったのはユナイテッドであったと主張した。

「ほっとしたよ」と監督はMUTVに話した。「試合を決めるゴールが生まれたのはとても遅かった。だが、我々がリスクを冒したことが功を奏したと言えるね」

ユナイテッドはなかなかゴールが奪えず、ほぼ全選手が前線に絡んでいったが、ロスタイムに入ったところでようやく得点が生まれた。

「我々はヴィディッチを前線に上げ、ファーディナンドをジョーンズと1対1にする対応をとったんだ」と監督は説明した。「我々が常に試合を支配し、サンダーランドの攻撃が脅威には思えなかったからね」

サンダーランドには攻撃する意思がなく、自陣に11人が守備のために戻っていた。ユナイテッドにとってはフラストレーションの溜まるサンダーランドの戦術だった。しかし、監督はサンダーランドの戦いぶりを非難してはいない。

「私はサンダーランドの戦い方を理解するよ。彼らは下位に沈んでいる。だからアウェーで守備重視の戦いをするのは当然だ。勝ち点を得ることが彼らにとって最良の結果だった。だから、我々としては勝利するのが難しかったよ」

ページ 1 / 2 次へ »