登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report by Nick Coppack
ページ 1 / 3 次へ » 

監督「日本遠征の影響はない」

サー・アレックス・ファーガソン監督は、ボクシング・デーでストークに勝利したことはタイトル争いを今後演じる意味でも、重要な勝利だったと話した。

「新年を迎えるまでの残り2試合で勝利できれば満足な結果であると、私は常々言ってきた」と監督はスカイスポーツに話した。「シーズン後半は調子をさらに上げていくことができると思っている」

ユナイテッドは11月の試合ではストークを相手に5得点を奪って勝利した。しかし、今回のブリタニア・スタジアムでの試合では様相が違い、カルロス・テベスが終了間際に唯一のゴールを決めて、勝ち点3を挙げたのだった。しかし、監督は日本で行われたクラブワールドカップの影響はないと主張した。

「我々はクラブワールドカップがチームに与えた影響を心配していた」と監督は認めた。「だが、選手たちのプレーを見れば、その影響がなかったことは明らかだよ」

「今日の試合について不満はないし、日本への遠征も上手くこなせたと思う。確かに難しい試合だったが、このような試合では忍耐強く戦うことが大事なんだ」

スコアレスで試合が進み、ストークDFのアンディ・ウィルキンソンが2枚目のイエローカードを受けて退場となった。そして11分後にテベスがゴールを決めたのだった。しかし、監督は数的優位となったことが、試合の行方に大きな影響を与えることはないと考えていた。

ページ 1 / 3 次へ »