登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report by Steve Bartram
ページ 1 / 2 次へ » 

離脱選手がポンペイ戦で復帰へ

サー・アレックス・ファーガソン監督が、25日のポーツマス戦では、戦列を離れていた主力選手たちが復帰する見通しであることを明かした。

家族に不幸があったため、17日のニューカッスル戦を欠場したカルロス・テベスは、20日のアルゼンチン代表の親善試合に出場しており、復帰は問題ない模様。

故障中のオーウェン・ハーグリーヴスとライアン・ギグスは、今週のトレーニングに参加していて、出場する可能性がある。ブラジル代表として北京オリンピックに参加していたアンデルソンは、今週末にチームに合流する予定。

ただし膝を痛めているパク・チソンは、今週の全体練習には参加したものの、25日の試合に出場するのはまだ難しい見込みとなっている。

「テベスは戻って来る」とファーガソン監督は22日の記者会見で語った。「ハーグリーヴスとパク・チソンは今週のファーストチームの練習に参加した。ジー(パクのニックネーム)はまだ難しいと思うが、ハーグリーヴスは土曜日(23日)の様子を見て、出場の可否を決めることになるだろう」

「アンデルソンは日曜日(24日)に戻ってくる予定だ。ギグスはこの数日間、トレーニングを行っている。各代表チームの親善試合に出場した選手たちも、負傷などのトラブルはなかったようで安心しているところだ」

ページ 1 / 2 次へ »