登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report by Ben Hibbs

監督「それほど不満はない」

サー・アレックス・ファーガソン監督は、1-1のドローに終わった17日のニューカッスル戦について、「それほど多くの不満はない」とスカイスポーツに語った。

「私たちが求めていた結果ではなかったが、現在の戦力を考えれば、よくやったと思う。ボールの支配率、相手へのプレッシャーという面では、こっちの方が優勢だった」

主力選手を8人も欠いてこの試合に臨んだユナイテッドは、22分にオバフェミ・マーティンスに先制ゴールを奪われてしまう。ダレン・フレッチャーのゴールで同点とするものの、その後は勝ち越すことができなかった。

「前半はいいプレーができていたと思う。GK(シェイ・ギヴン)は幸運だった。フレイザー・キャンベルのヘディングシュートを頭で防いだわけだからね。その後も3、4回、いいセーブを見せた。先制点を許したが、すぐに同点に追いついた。それで調子に乗っていけると思ったんだがね」

「後半は、マイケル(・カリック)とライアン(・ギグス)がけがでベンチに下がったこともあり、チームのパフォーマンスが落ちてしまった。また、大事なところで、経験の差が出てしまったと思う」

「サイド攻撃が仕掛けられなかったことも、後半の失速の原因だ。(ネマニャ・)ヴィディッチのシュートがバーを叩くシーンはあったが、相手を崩せなかった。だが、こっちが攻め込まれるシーンはほとんどなかった」