登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report by Steve Bartram
ページ 1 / 2 次へ » 

スコールズ「長くプレーしたい」

ポール・スコールズが、チームに貢献できる限りユナイテッドでプレーを続けたいと話した。

「できる限り現役を続けていきたい。ユナイテッドに貢献できていると思っているうちは、プレーしていくよ」とスコールズは『マンチェスター・イヴニング・ニュース』紙に語った。

「ユニホームを脱ぐまでは、引退したあとのことを考えないつもりだ。プレーできないと感じたときに、ピッチを去るよ」

「監督も同じ考えだと思うね! 監督が僕に向かって、そろそろじゃないかって言ってきたときは、僕も納得するだろう。その日がやって来るのは覚悟しているよ。年齢を重ねれば、以前できていたことができなくなるのは当然だ。それは受け入れなければいけない」

「11月で34歳になるけど、35歳になってもプレーしていたいね。そのあとでもまだユニホームを着続け、チームに貢献することができたら、本当に最高だ」

スコールズはユーロ2004を最後にイングランド代表から引退したが、2006年にスティーヴ・マクラーレンが指揮官に就任したときは、復帰も考えたという。しかし最終的には正しい決断を下したという結論に達したという。

「数年前に代表に復帰することを考えたのは事実さ。スティーヴ・マクラーレンと何度か話をしたしね。自分でもどうするべきか真剣に考えたよ」

ページ 1 / 2 次へ »