登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

スールシャール引退試合
8/2(土) オールド・トラッフォード

ユナイテッド 1
キャンベル(82分)

エスパニョール 0
22/01/2009  Report by Nick Coppack
ページ 1 / 2 次へ » 

オーレの引退試合は1-0で勝利

2日にエスパニョールを招いて行われたオーレ・グンナー・スールシャールの引退試合は、フレイザー・キャンベルのゴールにより、ユナイテッドが1-0の勝利を収めた。

昨年8月に引退を発表した、現在34歳のスールシャールは、68分からピッチに登場。現役時代と変わらない、キレのある動きで、オールド・トラッフォードに詰めかけたファンを魅了した。

試合前、自分の子供と一緒にピッチに姿を見せたスールシャールは、記念品を受け取ると、ユナイテッドでは326試合のうち150試合が交代出場だったように、最後のゲームでもまずはベンチに座った。

試合は、立ち上がりから積極的に攻撃を仕掛けたエスパニョールが、CKを続けて2本得てチャンスを作った。ユナイテッドも14分、プレシーズンマッチ初出場となったナーニのパスから、カルロス・テベスがエスパニョールのゴールに襲いかかった。

ナーニはその直後に絶好の得点チャンスを迎えた。しかしポストに跳ね返ったボールから放ったシュートは、枠を外れた。

後半に入ると、メンバーチェンジを行ったエスパニョールがペースをつかみ、反撃を開始するようになった。

ユナイテッドも後半開始から、トマシュ・クシュチャク、ウェズ・ブラウン、ミカエル・シルヴェストル、キャンベルを投入したが、この日スタンドが最も盛り上がったのは、68分にスールシャールがテベスに代わって交代出場したときだった。

さすがにスピードは少し落ちたかもしれないが、ボールを受ける動き、ポジショニングのうまさは、現役時代を彷彿とさせるものだった。

ページ 1 / 2 次へ »